Aug 1, 2019

愛知トリエンナーレ豊田会場 オープニング舞台美術制作

8月1日、愛知トリエンナーレ豊田会場のオープ二ングパーティーを旧東高で開催します。そこであの橋の下盆踊りも融合して開催されます。

現在舞台美術制作が進むなか、二転三転しつつも、僕の描いた絵も展示される予定です。いろんな力が混ざり合ったカオスな豊田を描いた曼荼羅みたいな絵になる予定です。最近は、毎日東高に通ってます。

まずは下準備。
最初は、廃パネルで制作の予定でしたが、以前使用していたため、絵を描く面の処理が難しく、紆余曲折経て新品の木材でパネルを作ることに。
これらが完成するのに丸2日。
その後ようやく絵を描き始めることができました。

7月11日
廃校の教室にて制作中。
人が多いから怖くないです
が、いろんなエネルギーがうずまいてますねー。
かつてここには城が建っていて、まさに豊田(挙母)の中心だった場所です。
ここで、過去も未来もあらゆる要素が混在した曼荼羅描き始めました。
7月12日
ライン入れ2日目。朝から夕方まで昼飯食べ忘れて没頭。
だいぶ出来てきました。
縦にも横にも展示できる可変式です。
回転式鎮座4面体 

7月14.15日
ライン入れ。本気で絵を描いている瞬間が一番生きている実感を感じるなと、原点に返り再確認しています。
これからは街そのものにも展開していきたいと思っています。
これから豊田市面白くなりますよ!!16日完成。

その後設置しました。

そしてオープニングは説明無用の盛り上がり。
盆踊りにあらゆる人が踊り混ざり合う姿は最高でした。

写真は楽しみすぎて全くないです笑

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。