ブログ
Jan 7, 2011

村上隆の芸術闘争論

よんでます。
勉強になるし。
めからうろこが

そして読んでる途中ながら、本の中に出て来た藤原えりみさんの、西洋絵画のひみつなどの関連書物をかりて来て、現代美術についてもっと勉強をする事にしました。
わたしは、Artistになると決意して活動し始めて約7年になります。
いつのまにか、30になりました。
愛知県の豊田市という片田舎で、右も左も何もわからない状態からArtを志した私には、師と呼べる存在もなく、ただひたすらに絵をかき、作品を創り駆け抜けてきました。
生きるために。
田舎町ながらの古い慣習や、Artへの無理解、無関心などとも戦いながら、歩んできましたが、経済的にも苦しく、親の助けや、恋人や、友人の助けなどに救われ、奇跡的にも、なんとか工夫しながら、Artを実践しようと研究を続けてきました。

そんな私も村上氏の本をよんで、今まで知らなかった事や、誤解していた事などに気付き、現代美術を勉強し、やりたいと思うようになりました。
今までの私はArtを広大な宇宙のような空間だと認識しており、世界のアートシーンに関しても、正しい知識がありませんでした。
そのためArtにかけた人生は、はぐれたら一生出口の無いような先行きの見えない危険な物となっていったのでした。
世界で勝負したくても、ゲームのルールも知識もない状態でした。
もちろんたくさんの美術館にも行き、本も読み、研究して来たつもりでしたが、現代美術にであってからは、価値観の大きな転換にさらされたのでした。
どうやらArtにはルールがあるらしい。
世間で言われている自由とは、どうも違う世界らしい。
ただの自由な世界からの脱却により、現実としてのArt道が、いよいよ見えてきました。
戦いたい。表現したい。
私は今、モーレツにやる気です!!!
闘おう!

Posted in ブログ, No Comments » 

 

Jan 7, 2011

Parisへ行きたい!!

Parisへ行く資金がどうしても必要だ。
勉強を続けたい。
PROとしてしっかり稼ぎたい。
現状に甘んじていては駄目だ。
成長したい。
この街を飛び出したい。
飛んで行きたい。
夢を実現する為に。
必ず叶うだろう。
十回、口にすると叶うという字になるという。
10000回は言っただろう。
ParisでArtistとして生活し、成功する。
さあ行動あるのみだ。
叶えよう。夢を。

Posted in パリ, ブログNo Comments » 

 

Jan 6, 2011

Parisへ!

Parisへいきたい!住んでArtがしたい。
お金が必要だ。
葛藤と、挑戦を繰り返して、また繰り返して。
必ず実現する。
ワクワクは、どこにある?
嗅覚をとぎすます。
楽しむために!生きるために!
やっぱりお金が必要だ。
わかっているけど、身動きが取れなくなっていた。
もういやだ。
とにかく動くんだ。
動いて。感じて。考えれば良い。
最近のキーワードは、行動してから、考える。
まずは、動く事だ!!!
やってみよう。
まずは、自分をもっと愛したい。
それからだ。
挑戦は続く。

Posted in パリ, ブログNo Comments » 

 

Jan 6, 2011

あけましたよ

おめでとうございます^^
今年も皆様にとって、良い一年になると良いですね。
では、良い一年とはなんだろう?
きっとそれは、感じ方だと思います。
客観的事実も、もちろん重要ですが、やはり大事なのは、どう感じるか。
毎日を、素晴らしいと感じる自分でありたい。そう思います。
瞑想を日課とする日々の中で、無駄をそぎ落とし、シンプルに考えるようになりました。
やりたいことはやる。やりたくないことは、やらない。
でも、しっかりと大地に根ざして、生きて行く。決めました。
日々の暮らしの中で、時に人は迷い、さまよいます。
しかし、いつでも、どこでも自分の中心にあれば、迷いは、消えるでしょう。
簡単に。簡単に。
今年は、さくさくいきますよ。
ありがとうありがとう。

Posted in ブログ, 日常No Comments » 

 

Dec 26, 2010

天空の城

思いついた事をただかきたくなった。
Bob Dylanに弾かれる。指。ギターになった。
人生はなんだかつかみどころが無くも思える。
良い時もあれば、悪く感じる時もある。
しかし、主観を離れてみれば、全ては中性。
中世の城を訪ねた。王妃。自分。
絵描きだった。ただ忠誠のなか描き続けて、人生を終えて、作品が残った。
自立と自滅の中間にある自由。
堪え難い生活だと感じたのは、なぜだろう?
自由を求めて彼は、旅立った。
天へ。
夢の国に流れる川の色は緑と桃色の二色が無限に混ざり合う都。
とてつもない音色の楽器が聞こえる海岸には、無数の七色の貝殻が打ち上げられている。
幻想的な風景の中、彼はただねころんですごした。
首が痛くなったので、彼は、立ち上がり、また旅に出た。
何処へ。
伊豆へ。
温泉と芸者に憧れて。
しかし時は戦国、世は情け。
時代は終わりを迎えていた。
彼の痛みは、計り知れなかった。
そんなかれの悲しみを癒してくれたのは、セイレーン。
出会ったのは、街のはずれの秘宝館だった。
こんなところで君に出会えるとは。
ロマンティックというよりは、ピンク色の夢だった。
うす煙のかかる、かすれた夢。
官能をとおりこして、彼は、陶然とした気持ちでただ彼女の踊りを眺めた。
それは夢。
竜宮城の夢。
彼に待っていたのは、新たな青春だった。
何度でも生きられる。
そう思った。

Posted in ブログ, 詩 No Comments » 

 

Dec 25, 2010

天国

音楽もやっています。
その名も天国。
三線とアコースティックギターでのんびりやってます。
よろしくお願いします。
http://www.myspace.com/10goku
今回は、これで終わり!オス!

 

Dec 13, 2010

友とは偉大だ。
くっついたり、はなれたり。
ばらばらにちらばったり、また再会したり。
時には、自分を映す鏡のような存在でもある。
人生の中で、本当の友情が築けたら、それは宝だろう。
そして人生には、孤独もある。
歩けば歩く程、目指せば目指す程、一人になる道もある。
しかし、道の先で、また出会う。
別れても、また出会う。
再会。
前世とはあるのだろうか?
ないのだろうか?
ただわかっているのは、どうしようもなくひかれる何かが人生にはある。
そんな鍵を探しに、旅に出る。
そしてまた出会う。
わたしの中で、反復し、増えていく知識や体験。
忘れていく記憶。
蘇る記憶。感覚。
全てを愛おしみ、生まれかわる。
かたちはない。
無形。
定義する事が難しい自分。
生まれかわる。
今日を生きる。
imagineが聞こえる。

Posted in ブログ, 詩 No Comments » 

 

Dec 11, 2010

ホワイトクリスマス(犬)

今日は、俺の通っているフランス語学校alliance francaise Nagoyaでクリスマスパーティーがあったので、少し浮き浮きして行って来た。
フランス語もしゃべれるし、とても良い機会となり、よかったよかった。
たくさんの仲間、知人、先生などとしゃべり、楽しい夜をすごせました。ありがとう。
色々食べて、ワインも飲んで、ケーキも食べて1500円! 安い!
そして帰りには、なんとお土産まで。
ROSSIGNOLというブランドの白い帽子。
う~んかぶれるだろうか???(* ̄O ̄*)
わからぬままもらってしまう悲しい習性。パブロフ。
今日の一言。
我パブロフなり。
パブロフの犬なり。
ワオ~ン。

Posted in ブログ, 詩 No Comments » 

 

Dec 10, 2010

毎日かいたら

まだ始めたばかりなので、誰も知らないこのBLOGヾ(@°▽°@)ノ
誰か読んでくれてるのだろうか?
誰でも読めるBLOGだが、人気というものが、明らかに存在するのは、なんでも一緒だろう。
で、顔文字をつけてみた。
なんだか、自分が変わって行くのがおもしろいので、記録として、日記のごとく、おもうままに書いていってみる事にしよう。音譜音符なんかもいれてみた。
人間は、毎日生まれ変わる。
今日の自分は、ある程度までしか客観視できないが、昨日の自分となると、少し客観視できるようになる。
10年前ともなると、実に、愚かしいほどに、手に取るように笑えてしまう。
人間は不思議で複雑だ。
わたしとはなんだろうか?
なんでもあるし、なんでもない。
意味を持たせたり、持たせなかったり。
実に自由でもある。
キーボードのタイピングスピードが、明らかに増して来ている。( ̄▽+ ̄*)
なんか笑える。
自分が客観視できた、ほっとする瞬間である。
雀が鳴いている。

Posted in ブログ, 詩 1 Comment » 

 

Dec 9, 2010

発信

久々に、何かを発したくなり、発信を試みる。
ピーピー。ピーピー。こんなイメージだ。
音を出してみる。
ピーピー。ピーピー。こんなイメージだ。
あれ、なんかおかしいな。
ジジジ、ジジジ。
どうやらPCをやりすぎたようだ。
ピコピコピ。ピコピコピ。
うん。うまくいったみたいだ。
現代社会って不思議だね。
ぼうや~よいこだねんねしな~。
日本昔話の主題歌が頭の中を流れた。
いろんな情報があふれている現代。
情報の選定には、少し気を使う。
そして気を取り直して、、、、、、、、。
必要な物に焦点を当てる。Focus。
拡大したり、縮小したり。
人間の思考は、すでにコンピュータと混線しているかのようだ。
共に歩んでいる。
生物多様性。
その中に、機械は入らないのだろうか?
いずれ。
手塚治虫は火の鳥で、そんなヴィジョンを描いた。
思考の現実化。
確かに起こる現象。
ならば、良いチューニングをしよう。
素晴らしい音楽をかけて、世の喧噪をかきけそう。
素晴らしい絵画を見て、視覚から自由になろう。
取り戻せば取り戻す程、美しく輝く本能。野生の魅力。
磨けば磨く程、光り輝くダイヤモンドの知性。理性。
人間は、やはり素晴らしいと思う。
美しいと思う。
自然の一部である人間もやがて大人になり、目覚め立ち上がる。
そしてバトンをつなぐ。
次の世代、次の世界へ。
開かれた窓が映し出される。
オノヨーコは言った。
私達は、窓を開けて来た。
なんの?
心の窓を。
わたしにはよくわかる。
いや、よくわかるようになった。
ARTを世に問い、なによりArtistとして、生きる日常の中で。
社会の、世界の問題にぶちあたれば、ぶちあたるほどに、心を開く必要性を痛感させられる。
誰の?
もちろん自分の。
窓を開けて旅へ出よう。
心を開いて、旅へ出よう。
夢は実現させる為にある。
ジョンレノン70歳。
生きていたらである。
今頃、彼は、どこで、どんな夢を見ているのだろう。
わたしは思う。
彼の夢は、1つ1つ、一人一人の変化によって、実現しつつあると。
わたしには、この世界が、素晴らしいと思えて仕方が無い。
鳥の声。冬の朝の風。太陽のぬくもりを感じる。
クリスマスにも、ジョンのHappy X’masが世界中で流れるだろう。
そしてまた涙するだろう。
生きている喜びに。
命ある喜びに。

Posted in ブログ, 詩 No Comments » 

 

1 11 12 13 14 15 16
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。