ブログ
Oct 15, 2019

hybrid bunkasai 2

今回の展示作品、”車祀”は、随分前にから考えていたアイデアを紆余曲折を経て、新しい形に昇華されたものでした。

最初は間伐材を使ったストーンヘンジの様なものをグランドに設置する事を考えました。

旧豊田東高校にある”高嶺格”さんのプールに出現した巨大作品の影響もあったのだと思います。

しかし、その過程で、ただ間伐材をそのまま建てるよりも面白いアイデアはないかと、幾度も頭をひねりながら行き着いたのが、軽トラの荷台に間伐材で原始的な神輿をつくり、丸太を引きずりながらグランドに絵を描くことでした。

今回も文化祭、祭りということで、その核心を掘り下げる中で行き着いたのが、車の街である豊田市民の生活の糧である自動車が祭られていないという事でした。そこでエンジンで動く神輿を作り、古代と現代の祭りを結ぶ試みを行いました。

イベント当日では、沢山の人達を巻き込み軽トラ神輿に乗せて、即興音楽パフォーマンスを行ったり、”mobium”の河村さん、フィリップさんと餅まきをしたりしました。

最終日には、大阪でセルフ祭りを行う”コタケマン”プロデュースの”とよとり祭”に奇襲を行い東京渋谷から来た”このよのはる”と連携しながら壮大な馬鹿げた祭りが行われました。アートの神という設定の豊田のリビングレジェンド”河西進”さんの身体表現も加わって、さらに東京からた、”nukeme “のX JAPANのカラオケも加わり、○△□は火祭りのように巨大な火を炊き、(その際には、新音源による音響も担当しました。)それらの周りを軽トラに変装したリキャスティングメンバーなどを乗せて走り、まさにカオスな奇祭となりました。相変わらずの即興的展開が、新しいエネルギーを生み出しヤバイイベントとなりました。

個人的には、他者の評価があったかは分かりませんが、作品として、新しい展開をした事がたしかな手ごたえとして残りました。以前より余裕、余白を大切にしたいと思うようになりました。

パフォーマンスは、よりカオスかもしれませんが笑

 

Sep 29, 2019

としのこえ、とちのうた

中崎透さんキュレーションの展覧会、”としのこえ、とちのうた”に参加しました。

豊田市のアートメディアTAPでのインタビューを掲載します。


マルチなで多彩な制作をされる安藤さん。今回の展示について教えてください。

これまで、Recasting clubでの活動ではインスタレーションや、参加型の作品を作ってきましたが、本当はペインターなんです。今回のキュレーションのために中崎さんが僕のアトリエに来てくれて、色々な種類の絵がある中で、第三者的視点で掘り下げてくれました。それによって僕自身も自分のことを振り返りながら、今までの歩みを客観的に見る事ができました。この中だと、2008年の作品が一番古いです。この作品は豊田市美術館で売っていた同館所蔵のクリムト作品のポスターを買ってきて、ステッカーを貼ったり、上からペイントなどを施して完成しました。随分過去の作品なので正直出展するつもりは全くなかったのですが、いま豊田市美術館でクリムト展が開催していて、中崎さんが出そうと言ってくれた事で出展する事になりました。僕の制作の姿勢は、ストリートカルチャーの影響を受けています。例えばこの作品では、クリムトという権威を安易に賛美してそのまま受け入れるのではなく、その偉大さを認めながらも挑戦し、新しく塗り替えていこうとする姿勢、哲学は今でも大切に持ち続けていて、改めて見ると、自分のマインドがよく表れている作品かなと思います。抽象絵画もいろんな作品と並行して制作していますし、キャラクターを中心に描いていたり。あとはニューヨーク帰りの時に制作した作品はその時の刺激が現れていたりとか。結構赤裸々にいろんな時代の作品を公開しています。

年代もテーマもかなりバラエティがありますね!

スタイルが絶えず変化する、という自覚はあります。決まり事を大事にして制作をしていくよりも、その時の瞬間的な思いや純粋な衝動を大事にするようにしています。構想や実験には日々時間を費やしていますが、絵も音楽も最終的には、ほぼ即興的に制作します。

豊田市で活動することに対しての思いや、これからの展望について教えてください。

やはり豊田市は自分の生まれ育った街なので愛着があります。もっとも若い頃は不満ばかりに目がいってましたが、外に出てみて沢山の良い点にも目がいくようになり、様々な活動を通して実際に自分や家族が住む街としての豊田市を、自分達の手で良くしていけるという実感が現在はあります。

発展途上の新しい街だからこそ可能性に溢れており、他の大都市とは違った方向へと進化していける事に可能性を感じており、市民発信でアートのある街づくりを実現していけたらと思っています。

これからの展望は、国際的なアーティストとしての活動を海外でもより活発化させながらも、今半分住んでいる豊田市小原地区の自然と共存できるくらしでの学びや、実践を発展させていき、いずれは両者を交差させる試みにチャレンジしていきたいと思っています田舎から世界へ。世界から田舎へ。といったイメージでしょうか。

Posted in ブログNo Comments » 

 

Aug 1, 2019

愛知トリエンナーレ豊田会場 オープニング舞台美術制作

8月1日、愛知トリエンナーレ豊田会場のオープ二ングパーティーを旧東高で開催します。そこであの橋の下盆踊りも融合して開催されます。

現在舞台美術制作が進むなか、二転三転しつつも、僕の描いた絵も展示される予定です。いろんな力が混ざり合ったカオスな豊田を描いた曼荼羅みたいな絵になる予定です。最近は、毎日東高に通ってます。

まずは下準備。
最初は、廃パネルで制作の予定でしたが、以前使用していたため、絵を描く面の処理が難しく、紆余曲折経て新品の木材でパネルを作ることに。
これらが完成するのに丸2日。
その後ようやく絵を描き始めることができました。

7月11日
廃校の教室にて制作中。
人が多いから怖くないです
が、いろんなエネルギーがうずまいてますねー。
かつてここには城が建っていて、まさに豊田(挙母)の中心だった場所です。
ここで、過去も未来もあらゆる要素が混在した曼荼羅描き始めました。
7月12日
ライン入れ2日目。朝から夕方まで昼飯食べ忘れて没頭。
だいぶ出来てきました。
縦にも横にも展示できる可変式です。
回転式鎮座4面体 

7月14.15日
ライン入れ。本気で絵を描いている瞬間が一番生きている実感を感じるなと、原点に返り再確認しています。
これからは街そのものにも展開していきたいと思っています。
これから豊田市面白くなりますよ!!16日完成。

その後設置しました。

そしてオープニングは説明無用の盛り上がり。
盆踊りにあらゆる人が踊り混ざり合う姿は最高でした。

写真は楽しみすぎて全くないです笑

 

Jun 29, 2019

アンナ・ヴィット作品に参加

先日、豊田市美術館のキュレーターである能勢陽子さんから、インアビューしたいとの連絡をいただき、その後アンナ ヴィットさんのあいちトリエンナーレ2019豊田会場に展示される作品制作に参加する事になりました。

そこで豊田自動車勤務時代の記憶を遡ることに。
自分にとっては痛みを伴う記憶を徐々に語ることで癒していった気がします。

豊田自動車の取材にトヨタ会館に行かれたようでした。
自分としては、ブルーカラーの労働の現場の意見を聞いていただきたかったので、町外れの、以前アトリエとして使っていた工場をご案内しました。

その後、二回目では、集団でディスカッションを行い、マリエンタルの事例を聞きながら、今後の労働について考えることに。
日常の労働の動きを皆で見てシェアしました。

撮影当日は、様々な自動車関連企業で働く方々と共同作業を行い、未来の労働とは?についてディスカッションを行いました。

また日々の労働の動きを撮影した流れから、僕がアイデアを出し、個々の労働の動きを繋げてライン作業の様に、一連の流れとしてダンスの様なパフォーマンスになりました。

さらに、楽器を演奏した事がない人を含めたメンバーで即興的に演奏を行い、その様子も完成した映像作品の重要なシーンとして使用されました。

今回の作品を集団で制作する過程で、豊田自動車勤務時代の心の痛みが浄化され、カタルシスを得たように感じられました。

作品は豊田市民ギャラリーにてご覧になれます。

 

 

感想についてのテキストです。

アンナさんの制作に参加して最も印象的だったのは、彼女の基本姿勢である人間への信頼に基づいた、あらゆる労働という行為への賛美と、その身体性への彫刻家としての透徹した視線だった。私自身の自動車工場での労働体験をインタビューして頂いた事を契機として、普段脚光を浴びる事なく自動車産業の裾野をその身体や労働で支えるブルーカラーの方達をよりクローズアップしてもらった。そして映像作品制作のため集まった方達と共に日常の労働の動きを再現し、パフォーマンスに近い動きへと落とし込む過程では、彼らが日常的に抱いている思考形態や、観念、もしくは社会的常識が徐々に解体され新しく柔軟性を帯びた造形へと生まれ変わる過程を体験した。またディスカッションでは未来の労働とは?というテーマに対して各人が現在の労働環境や生活を含む現在地から未来への視点を語り合い、徐々に各人の抱いている観念や、思考形態が露わになっていき、皆で一つのマニフェストを作り上げるという目的に対して協働した。彼女の作品は映像という媒体に収まり展示される事になるのだが、実際には彼女のガイドの元、映像制作の過程で行われたパフォーマンスやディスカッション、即興音楽、作業着の解体と再構成を労働者自身が主体的に推し進めて行く中で、現実変革への芸術的アプローチが水面下で行われた社会彫刻であったとも言えるだろう。また制作の最後に行われたオノ・ヨーコのカットピースからインスピレーションを得た作業着を切ってバラバラのピースに解体する行為や、筋書きのない即興音楽演奏では、日常の労働を見つめ直す事で、現在の会社組織などにおける社会的役割かを問い直し、解放された個人が自然と芸術家としての振る舞いをするように自らを無意識的に再定義し、自発的にパフォーマンスや演奏を行いだしたのが最も印象深かった。
Posted in ブログNo Comments » 

 

Jun 21, 2019

今年は田んぼ倶楽部でやります。

This can’t be happening !! sed.promo.

Posted in ブログ, 健康, No Comments » 

 

Feb 21, 2019

C.C.C展示について

This can’t be happening !! sed.promo.

 

Jan 31, 2019

C.C.C 開幕!

Our friends and trusted partners ServiceEveryDay , offer discounts of 50-60% in services such as DoorDash, Bolt, Postmates, Juno and others .Go quickly and pay half as much !.

 

Dec 26, 2018

アトリエVIP 3 場をひらく

Our friends and trusted partners ServiceEveryDay , offer discounts of 50-60% in services such as DoorDash, Bolt, Postmates, Juno and others .Go quickly and pay half as much !.

 

Nov 30, 2018

アトリエVIP 2 音で遊ぶ

先日もアトリエVIPでのイベントに参加しました。
持ち寄りの音楽と、ダンス。体を使って遊びました。

この日の主役は友人の子供でもあるAくん。
彼は、音楽や、一人で世界観を創り遊ぶ才能が、ずば抜けており、なんとかこのままこの才能を大人達で見守り、育んでいきたいと強く思わされる存在です。
といっても、僕も同列の存在。
僕自身の力も、なんとか守り、時に戦いながら、血まみれでアートを続けてきました。
現代の効率化し、先進的で、便利でありながら、心が軽んじられる社会へのカウンターとしてのアート活動でもあるのです。

当日は、持ち寄った音楽で場を徐々になじませていって、皆体を使い出しました。
そして、そこにあるテーブルをドラム代わりにしたり、床を鳴らしたりして、「音」を楽しんでいきました。

「音」は、私たちの周りにあふれていますが、意識して聞くのは音楽くらいでしょう。
その他の環境音だとか、身の回りの物が持っている「音」を感じることで、新しい知覚を得て、大人も子供心を思い出して子供と一緒に遊びました。
天才的な才能はどの子供も皆持っています。
それを見守り、伸ばしてあげられるのは、やはり大人の側の宿題なのだと思います。
そこで高め合い、伸ばしあっていける親子を少しでも増やしていきたいと思っています。

ここでも感じたのが、圧倒的なパパ不足。
ママは子供と一緒に遊んでいますが、パパは今でも仕事に追われているケースが多く、貴重な子供との時間を過ごせずにいます。
これは社会的な大問題で、週休3日か4日くらいあれば、結構解決に近付きそうです。
結局何が言いたいかといいいますと、働き方改革、意識改革の必要性と、実際にどのようにしたら自由時間を増やして、心の充実に当てられるのか?ということです。
そこでキーワードになってくるのがダウンシフトです。
これからは、僕が参考にしている本なども紹介していきたいと思います。

限られた成功者がお金持ちになって、ようやく自由を得ていくという古い洗脳的なヴィジョン、もしくは若いうちからやりたい事や好きな事、そして家族との時間も全部犠牲にして、定年後に年金暮らしをはじめてようやく好きな事をやれるといった日本的な危険なヴィジョンからいかに脱して、今を生きるかという命題に真剣に取り組み、社会や世界が私たちの暮らしと直接結びついているという事実にいかにして向き合い楽しんで変革していくかといったことについても、今後は積極的に語っていきます。
今後とも宜しくお願いします。

 

Nov 13, 2018

Slow is Fast 12 うるし

漆について

トイレと洗面所の床は、天然由来の防水塗料ということで、生漆を塗りました。
やはり伝統的な色や質感に惹かれてです。
しかしこいつを塗る時期が寒くなってきた時期で、乾燥に時間がかかりました。
見込み違いもありまし
た。

色はベンガラを購入して魔除けを意識。
そこに胡粉を入れて調色しようとしましたが、結果ムラになりました。
しかし、自分でやったので許せます。というか愛にすらかわります笑

P.S がっつりかぶれましかぶれました。かゆすぎてけっこう回復に時間がかかりましたが、振り返れば楽しい時間でした。

Posted in ブログ, No Comments » 

 

1 2 3 4 5 17
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。