ブログ
Sep 13, 2013

海 四国での出会いとアライア

久しぶりのブログです。
今回は、海について。

7月、8月と、四国に行ってきた。
海を求めて、自然を、人との暖かい出会いを求めて。

長い道のりを、仲間と車でむかう。
水着と、楽器と、少なめの服と、テント、コンロ、スケボーを積んで。

7月は、猛暑の中、自分で桐の板を削った。
連日の制作で暑さにやられるなか、どうしても作りたくなった。
アライアと呼ばれる、ハワイアン伝統のサーフボードを、どうしても自作してみたかったのだ。
知識は、ほとんどないし、インターネットで見つけた情報と、自分の感を頼りに始めてみた。
木を削ったりして加工するのは、自分の作品用の額作りなどでやったこともあり、多少の自信はあった。

ホームセンターで借りた、電動カンナをかける。
理想のシェイプになるまで、丹念に削りだしていく。
形は、見よう見まねで、写真やイメージ、サーフボードの記憶などを参考に作っていく。
最後にサンドペーパーで、滑らかに仕上げて、一日かかって、猛暑の中完成した。
仕上げに、荏油を塗らなきゃいけないのだが、時間がなくて、現地調達を狙う事に。
130cmと短めの板だが、腹這いになってのったり、回転させたり出来たらと淡い期待を持って。

名古屋でタカと夜九時くらいに合流し、栄の街をスケボーでクルーズした。
いつもの街が楽しく見える。
フラットな地形が心地よい。

定番のラーメンを雷神で食べて、いよいよ未知の旅、四国へとむかう。

名古屋から高速で関西方面へ。
京都や大阪、神戸を抜けて、淡路島から、徳島へ入って行くときの爽快感。
長い橋。
風と海、空の色。
面白い岩場。
山。
きれいな川。

そして、次の日の昼過ぎに、内妻というポイントに到着。
波が高い。
そして上級者向けの良い波が立っていた。

海に何気なく入ろうとヨガをしていたら、先ほどから素早く、上手にサーフィンしていた中学生くらいの子が、
板を思いっきり上に飛ばしていた。
派手にこけていた。
すると、その子が何やらおかしな様子で流れて岸に向かって来ている。
助けてと行っていたので、急いで救助に向かうと、
腿あたりをフィンで切っていたようだった。
海に入って、子供を抱きかかえて、近くにいたサーファーにも助けを求め、サーフボードを運んでもらった。
その子は、かなり痛がっていたが、サーファーの大人達は慣れているようで、傷を見て大丈夫だといっていた。
お母さんと来ていたようで、近くの病院まで車で去って行った。

ハワイ以来、久々に海に入ったのだが、前回は、未来が怪我をして、たくさんの人達に助けてもらった事を思い出した。
そんな自分が、今回人を助けるなんて、不思議なご縁だ。
少しお返し出来たようでうれしくなった。

サーフィンの方は、俺達にはとても乗れる波じゃなく、沖まで出れないので、手前で波と遊んでいた。
最後に、隣の生見という場所がいいらしいという情報を聞いたので、いってみる事にした。

そこはサーファー達で埋まっていた。
サーフィン用のビーチらしく、波もあって、地形もよかった。
海もきれいだった。
気持ちよく遊ぶ事にした。

自作アライアは、なかなかタイミングが掴めないが、たまに走ると、心地よい滑らかさで水面を走ってくれた。
何度か挑戦しては遊んでいたが、
途中でタカが板を折ってしまった。
板は、真ん中からまっぷたつに割れていた。
一日かけてつくったのに。。。
一瞬だった。

その後板をレンタルで借りて夜まで練習した。
あんまり乗れなかったが、少しづつ上達していった。
夕方から、夜にかけて気持ちのよい波があって、楽しんでやれた。

キャンプ場にいって、テントに泊まって、BBQをやって。
酒を飲んで。とにかくアウトドアは楽しい。
たくさんの星空を見ながら、眠りについた。

金ちゃんにも出会った。
大阪から来ている巨漢の、とても優しい漢だ.
朝キャンプ場でギターを弾いていたら、向こうから気さくに声をかけてくれた。
その後、いろんな仲間と、俺達の演奏を聴いてくれた。
急遽ライブが始まった。
ビールやシャンパンももらった。
なんだか、一気に土地ととけ込んでいって流れに乗っていった。
ビールで酔っぱらっていたが、心はハッピーなのどかさにつつまれていた。

その後サーフィンへ。
金ちゃんが板を貸してくれたのだ。
しかもロングボードでとてもうれしかった。

最後にみんなで、金ちゃんおすすめのお好み焼き屋へ。
お好みと焼きそば、ホルモン焼き。
鉄板の熱気に、ニンニクの香りが食欲をそそる。
とにかくおいしくて、最高だった。

帰りは海見たりしながら古着もチエックして、京都まで。
タカはバスで富山まで帰って行った。
8月は、金ちゃんの招きで同じキャンプ場へ。
その時も板を借りたり、大変お世話になった。
感謝につきる。

おいしい牛すじカレーや、焼き肉、ホルモン、みんなで食べたり飲んだりは、やっぱり最高だ.
最終日、朝4時に出発して、神戸によって帰った。

京都ではpatagoniaに行った。
そこでenjoyというcaliforniaのリサイクルボードから作られたハンドプレーンと、フィンをゲットした。
これでbody surfingも進化を遂げるだろう。
新しい遊びがうまれる。

IMG_0803

ショップでは、patagoniaという企業の自然への取り組みなど、知らなかった事を学び、自然で遊ぶ素晴らしさを再確認した。
自然あっての人間の暮らし。
もっともっと日本の自然を知って、遊びたい。
そして守り、伝えたい。
そういう意識の変化を、体で感じていた。

まだ最後の夏を遊び足りない。
毎週海に行こうと思った。
海の近くに住みたい!!

 

Aug 11, 2013

心 沖縄

沖縄で、自然の中で学んだ心があった。
それはそれは美しい場所で、そのままの自然に触れるたびに、自分が癒されて、元気をもらった。
健康で、心地よく、シンプルな生活。
音楽や、仲間とのゆんたく。
自由気侭な旅と、人との出会い。

IMG_0370

人生は美しい。
もう一度そう思えた。
悲しみがあって、暗く深いどん底の様な闇の世界から、やっと抜け出て浴びた太陽の光。聖なる浄化の光。
美しい。
心とともに変わる世界。
そうあっという間に。

輝きとともに戻ってきた最高の笑顔。
笑顔があればO.K。
誰とでも仲良くなれる。

IMG_0430

喜納昌吉さんの東崎という曲をカラオケで歌った。
与那国島の西にある美しい岬。
風が吹いていて、逞しくて、きれいな場所。
そこにいけばわかる。
なんで自然が大切なのか。

愛知県田舎の、昔よくいった好きなポイントに仲間と行ってきた。
そこには、たくさんのゴミが投棄されていた。
BBQをやった若者達がゴミを捨てて行ったのだろう。
金網やペットボトル、紙の皿、段ボール。
愛の無い行為だった。
天誅があるのだろうか。
彼らも学ぶ。
本当に大事な事を。

IMG_0393

与那国島に自衛隊の基地を作る計画がある。
人間にはいろんな立場がある。
土建業や基地で働く人、軍隊で働く人。

でも、いらないものはいらない。
基地もいらなければ、リゾート開発も必要ない。
一時的に豊かで楽になってみえるけど、そこには何もない。
都会のむなしさが広がるだけ。
星が見えなくなって、海が汚れて行く。
もうやめにしよう。
本当に大切な心、人間の心は、きれいな海に行けば、大自然に包まれれば自然とわかるだろう。
日本人の心とは自然とともにある。

P1000752

Posted in ブログ, 日常No Comments » 

 

Jul 30, 2013

Pilialoha

YEAH

最高の仲間と、最高の時間。

最高の音と、最高の笑顔。

最高のArtと最高の繋がり。

本当に感謝しています。

ありがとうございました。

想像以上にやばい展開。

そして時間が流れるのがはやい。はやい。

夢中で駆け抜けて、きづいたら閉幕。

帰ったら、どっと来ましたよ。

でも、改めて、がんばってよかった。

ここまで生きてきて良かった。

自分は最高の仲間に恵まれていて、最高に幸せなんだときづき、感謝しました。

展示の準備、約一年かけて完成した絵画作品。

新しいARTと、仲間とすごす空間。

俺の作りたかった世界。

ここにありました。

となりには、未来の笑顔。

未来の仲間達との最高のつながり。

また感謝。

CSC_0249

Peace Art

世界をArtで平和にする。

夢だと笑われる様な事を、本気で実現していける。

そんな偉大な力に感謝。

いつでも、どこでも仲間の協力なしでは実現しない事。

最高の仲間達と、最高の世界をつくっていきたい!!

世界を天国に。
change the world be Heaven!!

DSC_0177

来てくれた方、来れなかったけど応援してくれた方。

今まで関わってきた方、全てに感謝を。

そして地球に、日本に、愛知に、豊田に、陣中に、梅坪に、Parisに、Hawaiiに。

感謝、感謝、感謝!!

DSC_0317

 

Jul 7, 2013

ウェディングパーティーについてのお知らせ 3 

報告

たくさんの皆様から、参加の連絡いただきました。
本当にありがたい限りです。

で、パーティーですが、普通のウエディングパーティーじゃおもしろくないので、

とことん自分らしく、どんどん好き勝手にやらせてもらいたいと思います!!

自分でオーガナイズする、自分達のパーティーを人任せにしてはつまらないので、どんどん自分で企画して、動いて、一生懸命やりきって、そしてその時間を、みんなでシェアして楽しみたいです!!

昨日は、機材のチェック、展示のイメージング、そして第一部でやるイベントについて話し合いました。

コンセプトの共有

タイムテーブル

何をやるか?

そんな語り合いの中から、熱い心が蘇ったのでここに。

言いたい事を言う。やりたい事をやる。
こんなあたりまえの事をやる事が、はばかられるような世の中で、なにが民主主義か?

この時代の閉塞的な空気をぶちこわし、真実を語り、歌う。

政治についても、原発についても、Artについても、何についても好きに語らせてもらいます。

空気など読みません。

空気など自分でつくるものだし、NOにはNOと、はっきり言います。

しかし、ただのガキの戯言ではございません。

本物の大人の生き方です。

なぜなら自分の使命は

メッセージを伝える事だから。

駆け込み歓迎、参加者お待ちしています!!

 

Jul 2, 2013

ウェディングパーティーについてのお知らせ 2 

ALOHA  前回に続き、パーティーについて 書きます。

現在、店内に展示されるArt作品制作、当日演奏されるライブの手配、練習、会場との打ち合わせなど準備中です。

普通の二次会パーティーとは違い、来ていただいた皆様に、心から楽しんでいただけるような会を企画してまいりますの
で、ご意見などございましたら、遠慮なさらずに、メッセージをドンドンいただけたらと思っております。
takujiando@gmail.comまでご意見くださいませ。

当日は、

Exhibision
安藤卓児(Peace-Art)

Live
天国 feat N96MTK

DJ
Mr.X
T.K-siK

などを予定しています。

お忙しいとは思いますが、皆様お誘い合わせの上どうぞお越し下さいませ。

 

Jun 28, 2013

ウェディングパーティーについてのお知らせ

Wedding Party Takuji & Miku “Pilialoha”

日時 7/28日(日
料金  5000円

第一部   ウエディングパーティー(立食パーティー)
受付開始11:30 開始12:00 終了14:00
第二部 アフターパティー(同会場)
開始14:00 終了17:00(予定)

立食パーティーでの食事は、お客様の健康と、そして未来への希望を込めてお肉を使わない料理をご用意してあります。(お魚、大豆を使ったおいしい料理はご用意してあります。)


場所 R Base Cafe
住所:名古屋市東区泉1-3-7 戸嶋屋ビル1F
電話/Fax:052-963-557
交通:久屋大通駅1A出口から徒歩7分
駐車場:お店隣のコインPをご利用下さい(60台収容可)
URL:http://rbase-cafe.jp/

会場内には、Peace-Artist  Takuji Ando(新郎)の作品が今回のパーティーの為、一日限り限定特別展示されています。


Parisで制作された作品をはじめ、フランスのクライアントより発注されている最新作も特別に展示されますので、この機会をお見逃し無くお越し下さいませ。


お知らせ

※会場内は、お子様や非喫煙者の方々の健康を考慮しまして全面禁煙となります。喫煙の際には店外設置の喫煙所をご利用くださいませ。


こんな感じで進行中です。
皆様是非おこしくださいませ。

この機会に是非お会い出来るのを心よりお待ちしております。
安藤卓児

 

Jun 23, 2013

Hawaiian wedding 13  ヘイアウ

朝、鳥の声を聞いて、強烈な朝日を浴びて目覚め、ゆっくりとすごす。
幸せの絶頂、至福の時である。

自作のベーグルで朝食をいただく。

DSC02089

車で出発。
今日はヘイアウとよばれる聖地、パワースポットを訪ねる。

その前にちょっと、ファーマーズマーケットで寄り道。
熟したマンゴーを二個ゲット!!
ヴェジタコス、ポテトサラダ、ヴェジバーガー、オーガニックレモンジンジャーをいただく。
手作りは、やっぱりうまい!!

DSC02044

ヘイアウへ。
大地の鼓動を感じる。
祈りを捧げる。
このヘイアウの前の海では、あらゆる罪が清められ、許されたという。
浄化の水に足をひたし、広大に広がる海と、溶岩でできた岩盤を眺め歩く。

DSC02075

DSC02056

このヘイアウからは、なんともいえないパワーを感じる。
怖いくらいだ。
このような畏怖と尊敬の念を抱いていたのか。

DSC02057

この日のノートに書いた言葉達を書き記す。

皆元気でやってるか?
何をしてるだろうか?

友情っていいもんだ。

ソーラーシステム 太陽光で余すところなく蓄電。
ディスポーザー あまった食料を粉砕し肥料に変える。
ソーラーカー  bio燃料+太陽光で完全エコ走行。

勇気とバイタリティを示せ!!
自分の夢を止めるな!!
何があってもやるときめたらあきらめるな!!

その上で柔軟さと、フレキシビリティにより、全ての問題を解決出来る力を持つ。

全ての誤解、偏見を捨ててもっと身軽になれ!!
自らのマインドをオープンにすれば全ては許される。

祈りを忘れるな!!
どこまでいっても人間には謙虚さという美徳が必要である。
おごらずに励め。

自然との距離を近くに保て。

やりたければやれば良い。
simpleに行こうぜ!!

DSC02062

 

Jun 22, 2013

Hawaiian wedding 12  ハワイ島到着

いよいよHawaii島へ到着した。
本当にスムーズだった。
まさに流れに乗っていた。

DSC01968

早速レンタカーを借りる。
今回は白のKia自動車の、Rio君。
韓国のメーカーの車らしいが、左ハンドルで、小型で足回りも良く、とても走りやすい。
気に入った。

DSC01984

走り出すと広大な溶岩大地におどろいた。
圧倒的な広さと脈打つしぶきが目に見えるようで、灼熱の熱さは日本の真夏を思わせた。
クレーターの様な黒茶褐色のひび割れた大地が延々と広がる。
この島はやはり大きい。

DSC01987

Kona(コナ)国際空港からKailua Kona (カイルアコナ)の街へと向かう。
日本の港町を思わせる小さな街で、海に面してお店などが並んでいる。
ざっと見て回った。
疲れもあり早々に退散することにして、ヴァケーションレンタルで借りた家へと向かう。

DSC01996

ヴァケーションレンタルとは、別荘などを自分が使わない間などに、他人に貸し出すシステムで、仲介会社が請け負って、借り主と貸し主を結ぶシステムの事だ。
俺達も今回、ハワイ島、カウアイ島と家を一週間ずつ借りる事にしたのだった。
値段は、シェアすれば安くもなるが、2人だと良い値段だった。
でも今回は、ハワイに住んだシュミレーションもかねている。
贅沢な気分で豊かに行く事を決めていた。

車で道を走っていると、右手にきれいなお椀型の山がふたつ並んでいる。
気をとられて、なんとなくそちら側に間違えて曲がってしまった。
しまったなと思いつつも、細い道を気ままにしばらく行くとそこにはなんとビーチが。
それも白浜の最高の海だ。

DSC01994

kekahakai state park(ケカハカイ ステートパーク)
たくさんの人達で賑わう海はとても良い波が立っていて天気も最高。
熱くて熱くて最高の海日和だ。
俺達はボディーサーフィンや泳ぎなどを楽しんだ。
たくさんの人達が喜び、遊んでいる。
この時には、この海にはじまり、この海で終わるハワイ島の旅となるとは、知る由もなかった。
スピリチュアルな体験、自然との深い繋がり。
そういったことを求めて導かれるように、そしてやっとこれたハワイ。
そこには、やはり未知の世界が待っていた。

princeville(プリンス ヴィル)という別荘が立ち並ぶ区域に到着した。
なにげなく道をまた間違える。
するとそこには、スーパーやガソリンスタンドが。
またもラッキーである。
早速買い物して帰る事にした。
食料品の物価はかなり高い。
少しは慣れてきたが、やはり高い。
効率よく買い物を済ます。

今回の家は3BR(ベッドルーム)2BTH(バスルーム)
とにかく広くて、気持ちがいい。
こんな家に泊まった事は初めてだった。
広いテラスからは海が見える。

DSC02023

室内も清潔で、センスがいい。
天井には、ファンもたくさんついていて空気も循環出来る。
各部屋にはARTも飾られていて、そのセンスもいい。
VRBOというサイトで探して、契約したのは正解だった。

DSC02015 DSC02013 DSC02010 DSC02008 DSC02017

夜はスーパーで買った食材をテラスで食べる。
きれいな星空が広がり、広い空間でのびのびとすごす時間は格別だった。
今後の事を楽しく話しながら食事をした。

2人で星空をベンチにもたれながら眺めて語り合う。
とても贅沢な時間だ。
ふいに、思いついて


「これからも楽しもう!!」

「おーっ」

2人で大声で叫ぶと、その直後に大きな流れ星が横切って行った。
都会では決して見る事のできない美しい光景だった。
幸せをかみしめる。

今日の飛行機の中で言霊に関する記事を読んだことを思い出した。
言葉に宿る魂をポジティブに、楽しく、愛をこめて使って行こう!!
そう誓ったハワイ島での初日が過ぎて行った。
優しい風が吹いていた。

 

Jun 21, 2013

Hawaiian Wedding 11 ノースショア出発

North Shore滞在もあとわずかとなった。
車でワイキキまで今日は指輪を取りにいく。

DSC01963DSC01964

ハレイワで買い物をしてから、車で東海岸をまわりながら、ワイキキを目指す。
途中で美しいビーチといわれるラニカイビーチを目指す。

がんばって到着するも夜。
斜面になった砂浜を登って海を眺める。

DSC01950

今回はワイキキまで完全に車で行く事に。
中心部はほとんどが一方通行で近くまでいっても、複雑な道が立ちふさがる。
なんとか地図を片手に運転する。
けんかもした。
そしてやっとの思いで、数日前まで、両家の家族が滞在していたシェラトンワイキキホテルの周辺まで行き、車を駐車した。

注文していた指輪との出会い。
美しいカットと、十八金の光。
なによりそこに入っている心が美しく指輪を輝かしている。
聖なるマイレの指輪と、波と花の指輪。
内側には(Pilialoha)愛し合っている夫婦という意味のハワイ語の文字を選んで刻んだ。

時間をかけて田舎道を帰る。
明日にはハワイ島へと旅立つ。
移動の準備を終わらせて、一息。
ぐわっとねむりにつく。

DSC01958

朝方、いつもより早く目をさますと鶏が産卵の準備をしていた。
雄鶏があたりを警戒して歩き、卵を守っている。
美味しい卵だが、命の重さ、命の味だ。
大切な事に気づく。
そんな速度で生きていける事が、人間にとっても、なにより幸せであろう。
忘れたくない。

Kayokoさんに別れを告げて、新たに旅たつ。
車もすいている。

DSC01942

空港まで実にスムーズに乗って行く。
Dollarのバスに乗り換えて、ホノルル空港へ。
さあいよいよハワイ島だ。
新しい気分で旅立ちへとむかう。

 

Jun 19, 2013

Hawaiian Wedding 10 ファーマーズマーケット

夜中より体調が悪い。
無理に食べ過ぎたせいだった。
特に肉類をむやみに食べすぎていた。
体を大きく見せよう、大きくして適応しようとしていたのだった。
虚勢のつけは大きかった。
結局はRelaxしたナチュラルな自然体が一番。
何事も無理をして詰め込んだり、やったりすると必ずどこかで異変をきたす。
人間の社会生活も同じであろう。
だから俺は自分らしく楽しく暮らせば良いのだ。
ありがとう。
体のメッセージに感謝した。
夕方まで悶絶して、それにも疲れた頃、出かける事にした。

DSC01893

近くで開催されるファーマーズマーケットに向かう。
地元の農家の農作物や、手作りの食べ物、パンやケーキなどが並ぶ。
その他にも手作りのアクセサリーや、服などもあった。
そこに集まる人達の空気もとても優しい。
皆解け合っていて無理が無かった。
ゆったりと優しく心地よかった。

DSC01894

その中でKokua Foundationのブースをみつけた。
自然の大切さを訴え、地道で明るい活動を続ける団体だ。
子供に環境保護の教育をしていて、子供達の描いた絵に投票するようになっていた。
どの絵も元気一杯で素晴らしかった。
その自由奔放なスタイルにアイデアの豊かさ。
何より心からすべてを楽しんでいるのが伝わってくる。
子供は俺の先生だ。
特にプラスティックボトルフリー、つまりペットボトルをやめよう、へらそう、というスローガンには惹かれた。
ノースの女性サーフアーティストであるヘザーブラウンの絵が描かれた、きれいな色の水筒を買った。

会場はローカルで優しい空気が流れる。
おもったよりも規模も小さく、まさに地域密着といった感じがした。
なんでもメディアは誇張して伝えるので、おおげさに描く。
ハワイに関してもそういった事は大変多い。
実状をしっかりと伝えないから、情報に翻弄されるのであろう。
もっとも俺はテレビはほとんど見ないし、バーチャルだと思って接しているのだが。
本やなんかにしてもいかに大げさな事か。

ハワイアンミュージックが聞こえてくる。
優しい顔のおじさんが楽しそうにプレーしている。
脱力して、イージーにゆっくりと弾きながら歌っている。
まさにハワイアンだ。
ちょっとまってくださいという曲を聴かせてくれた。
笑顔で触れ合ったらなんだか元気になってきた。

DSC01896

大型のスーパーで売っている利益追求型の商売だけでは、食の安全性も見えないし、無駄も多い。
冷房のガンガン効いた店内は不自然で気持ち悪い。
顔の見える人から買った食べ物にはある種の信頼関係がある。
なによりそういったところで買った食べ物はたいてい美味しかった。
今後の日本の暮らしでも多いに考える余地がある。
Parisでもマルシェという朝市が各地で定期的に開催され、オーガニック専門のBioマルシェなんていうのもある。
日本にもそういう物を増やしていきたい。

DSC01892

利益追求型の資本主義経済のみでは、環境や食の安全といった生きていく上でもっとも大事な根幹が揺らいでいく。
まるで大きな大木の根っこが朽ちて腐っていき、しまいには倒れてしまうかのように。
目先の利益に流されて、本当に大切な物を見失ってしまっては元も子もない。
子から孫へと何を受け継いでいくのか?
七代先の事まで考えて、一本の木を切るのか決めるという、アメリカンインディアンの教えが脳裏をよぎる。
この我々の文明の転換期にもっと謙虚に自然から学ばなくては、人類の滅びも近いだろう。
近代化の弊害、便利のリスクといった事を日本にも伝えていきたい。
そして日本の財産は、この素晴らしい自然と、思いやりのある美しい心なのだと。
まだ間に合う。

DSC01898

帰りにワイメアビーチで少し泳いで美しいサンセットを見た。
毎日見たいな。
そう思った。
日の出と、日没を毎日見て感謝して暮らしたい。
シンプルだが美しい暮らしを夢見て進む。
当たり前とは、現代社会では、こんなにも遠くなってしまったのだ。
なにを捨てて、何を得るのか?
俺はただ、シンプルで美しい暮らしがしたいだけなのだ。
こんがらがった、社会的洗脳と、常識という名の侵略から、我々の真のスピリットを守り育まなくては、地球に未来はない。
地球を平和に。
宇宙を平和に。
これは自分を平和にする事である。
今日も美しく日は沈む。

 

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 17
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。